紫色の何か 〜something purple〜

日々の雑記およびそれまでに自分が思ったこと感じたことをつらつらと

20180712_読書

村上春樹の「意味がなければスイングはない」をようやく読み終わりそう。

 

意味がなければスイングはない (文春文庫)

意味がなければスイングはない (文春文庫)

 

 文章の所々で日本語にし難い英語の形容詞とかカタカナが使われているのが気になる以外は読みやすい、それが自分がまったく知らないアーティストに対してであっても。

一番興味深かったのは、スガシカオについて書かれた章だと思う。

20180712_古いiPod touchの話

・7/6

帰宅してから古いiPod touchに入っていたDo As Infinityのデビューアルバム「BREAK OF DAWN」を久しぶりに聴いた、今風に言うと今聴いても十分にエモい。「Oasis」とか「Yesterday & Today」とか色褪せないな…聴き込んでた中高時代を思い出して涙が滲む。デビュー曲の「Tangerine Dream」もよい。

・7/12

なんとなく、また古いiPod touchをから学生時代によく聴いていたアルバムを引っ張り出した。聴いていたのはアジカンの「君繋ファイブエム」。

特に今の時期だと、「夏の日、残像」が季節に合っていて、郷愁の念すら抱く。

先人たち(ナンバーガールOasis等)の影響を色濃く感じさせる曲が多いのも特徴的。

その他、Corneliusの「POINT」とか空気公団の「こども」など。

Corneliusは熱心に聴くというほどではないけど、たまにこうした気取った感じのする「渋谷系」の音楽に触れてみたくなる。「Point of View Point」を学生時代に偶然耳にして琴線に触れたことを覚えている。